2019年03月15日

土地名称の変更

先日より私の住んでいる地域の
土地名称が変わり、住所が変更されました。

以前よりどんな名前になったらいいのかアンケートをしていたので、
近々変わるんだろうということは感じていましたが 、
いざ変更しても自分の住所とは感じず違和感しかありません。

何回か引っ越しをして住所が変わったことはありますが
最後の住所は長い間ずっと同じで、完璧に覚えている住所なので
新しい住所がまだ全然覚えられません。

住所を書くことはよくあることなので
きっと何度も書いていればその内覚えてくると思いますが
しばらくの間は見本を見ながら書くことになりそうです。


ダウンロード.jpg
posted by エスパックン at 18:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

英語の勉強

最近私は英語の勉強を始めました。
始めたと言ってもまだテキスト2ページくらいしか進んでいませんが…。

私がなぜ英語を始めたかというと、
テーマパークや、海外に行く機会が増え
英語を聞く機会が増えてきたからです。

先日テーマパークに行った際、
日本人のスタッフさんが困っている外国人に対してまず、
「日本語話せますか?」と聞いていました。
明らかにわからない様子でどうするのかな?
そう思いながら見ていると次に流暢な英語で説明をし始めました。
思わず「かっこいいー」と心の声が漏れてしました。

それ以来テキスト買って勉強したり、
英語の映画を見たりしています。

学校を卒業して1年、英語の勉強を
一切してこなかったので全く分からず、
大変ですがいつか会話ができるように頑張ります!


cc955eda960c7643f6ecc48d3b626b29_t.jpeg
posted by エスパックン at 06:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

ノミのお話

私が好きなノミの話。
ノミは通常2mの高さまでジャンプするそうです。
そのノミに高さ30cmほどの箱を被せるとどうなるか知っていますか?
ノミは最初、天井を破ろうと努力をして何度も飛び跳ねます。
しかし、何度挑戦しても30cmしか飛べないと、
自分の限界に気づきノミは30cmしか飛ばなくなるそうです。

恐ろしいことにそのノミは箱をどけて高く飛べる状態にしても、
それ以降は30cmしか飛べなくなるそうです。
つまり自分の中に「心理的限界」を作ってしまったんですね。
このノミは自分のジャンプの限界を30cmと決めてしまったんです。

しかし、このノミを再び飛べるようにする方法が一つだけあるそうです。
それは「自分以上に飛んでいる仲間」の姿を見せてあげることです。
違うノミを隣に置き、その違うノミが簡単に1m以上
ジャンプするのを見せるのです。
すると今まで30cmしか飛べなかったノミが
再び1m以上のジャンプができるようになるそうです。

私自身が調べた訳ではないので、
真偽の程はわかりませんが面白い実験だと思いました。
人間にも同様の現象があると感じます。
自分で限界をつくってしまうことは本当にもったいないことです。
常に目標となる人やライバルがいると
自分が思っている限界は意外と
簡単に超えられるのかもしれませんね。

私も自分の限界を決めることなく頑張ります。


303b.png
posted by エスパックン at 18:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

兄の結婚式

先日、兄の結婚式がありました。
我が家にとって平成最後の一大イベントです。

友達の式には何度か出席したことがありますが、
兄の結婚式はなぜか私がどこか
照れくさくなってしまうような、
不思議な感覚でした。

緊張しすぎた新郎はバージンロードで
手と足が一緒になってしまい
思わず笑ってしまう場面もあり・・
最後には両親も感極まっている様子で、
とても幸せな気持ちになりました。

兄が普段お世話になっている先輩や
ご友人と一緒に笑顔いっぱいな1日になり、
とても嬉しかったです。

新たに増えた新しい家族と共に
これからも仲良くしていきたいなと思います。

6BEE20CB-8671-4B1E-B452-BE6288EAEC6B.jpeg
posted by エスパックン at 20:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

石川旅行

先日、母の誕生日のお祝いに石川旅行へ招待しました。

兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街などいろいろ行きました。

特に思い出に残ったところは、
能楽美術館で、能で使う着物とお面の試着体験をしたことです。
普段あまり触れることのない伝統芸能でしたが、実際に着てみたり
資料の説明などを読むことで、一度は本物を見てみたいと感じました。
能の着物とお面をつけた母と、私服の私でツーショットを撮りましたが
シュールで面白い1枚になりました。

もう1つは、近江町市場で、店頭で売られている魚を買って
その場でさばいてお刺身にしてくれるところで立ち食いをしたのですが
静岡県民の私でも「おいしい!」と声に出るほど、
のどぐろのお刺身がおいしくてびっくりしました。
また、市場の人々はとても明るく、その触れ合いでも笑顔になりました。

金沢市街以外にも、千里浜なぎさドライブウェイや加賀の温泉街にも行き
長いようで短い時間でした。

母から、
「素敵な誕生日プレゼントをありがとう。楽しかった!」
と言ってもらえたので、私も満足です。

また機会があれば、再び訪れたいなと思う石川県でした。


2869-ccyCuVsyH5uhM4W0KYUy_src.jpg



posted by エスパックン at 18:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする